施主支給のリフォーム



施主支給のリフォーム

カーテンレールが壊れてきましたので、いっそのこと取り替えることにしようと思い、リフォーム専門業者に依頼をしました。
カタログを見てみると、これまでとは規格が異なるものの取り付け可能で、気に入ったレールがあったのでそれを取り付けてもらいましたが、カタログで見せてもらった中に好みのカーテンが見つからず、施主支給もOKと言われましたので、自分で探すことにしました。


まず、レールの規格やフックについてきちんと業者から説明を受けて、ホームセンターやカーテンの専門店、インターネットの通信販売など色々な店舗を見て回りました。

今までになかった大井町線 賃貸について知りたいならこちらです。

最終的に、デザインも機能面も価格も希望通りのものが見つかりましたので、それを持ち込んで施主支給でリフォームをしてもらいました。

江東区 マンションの情報はすぐに役立ちます。

施主支給では、自己責任で備品を選ばなければなりませんので、きちんと規格に対応したものを選べたかどうかが最後まで心配でしたが、無事に取り付けることができて安心しました。

土地 岡山はとにかくお勧めです。

価格も当初の予算より抑えることができた上、商品のグレードは二段階ぐらい高いものをつけることができましたので、非常に満足しています。家族からも好評ですし、室内の雰囲気が一変しましたので、思い切ってリフォームをして、自分で気に入ったカーテンを見つけるまで努力を続けたことは間違いではなかったと感じています。


今度リフォームをする時にも、自分で選ぶことができる設備の場合には、また施主支給で依頼しようかと考えています。